ごみの事がよくわかるサイト

市指定非課税ごみ袋における消費税の扱いを知ろう

市指定非課税ごみ袋における消費税の扱いを知ろう!

地域でごみ袋を購入する際に注意が必要となるのが、市指定非課税ごみ袋の地域も存在しているという点です。自治体ごとに採用しているごみ袋の種類は異なるので、住んでいる場所ごとに情報収集をしましょう。では市指定非課税ごみ袋を採用している地域では、消費税はどのような扱いになるのでしょうか。またごみ袋の料金の使われ方について調べることも大切です。

市指定非課税ごみ袋は何が違うのか

通常のごみ袋の場合には、お店で購入した際に消費税分も支払うことになります。しかし自治体によっては、市指定非課税ごみ袋を採用しているケースも見られます。非課税という言葉が入っていることからもわかる通り、市指定非課税ごみ袋は消費税を支払わなくていいごみ袋です。例えば消費税が増税したタイミングでも、市指定非課税ごみ袋の場合には変わらない料金で販売されていて増税の影響を受けません。

消費税を支払う必要がないごみ袋とは?

消費税を支払う必要がない市指定非課税ごみ袋も存在しています。この市指定非課税ごみ袋では、市が独自にごみ袋を独自に販売している仕組みです。売り上げはごみ回収費用を平等に回収するために使われたり、ごみの発生抑制やリサイクル意識を高めるための活動などに使われています。市指定非課税ごみ袋を採用している地域で暮らしている方は、どのようなものか違いを把握しておきましょう。

家具などの木製品を捨てるのは難しい

家具などの木製品を捨てるのは難しい?切断して小さくすれば普通ごみとして捨てられる!

新しく家具を買い替える時や引っ越しをする時に、使わなくなった木製品の家具を捨てたいという場合もあるでしょう。その時に困るのが処分方法です。本棚やベッドなどの家具は、そのままでは燃えるごみなどと同じように捨てることができません。今回は捨てるのが大変な家具などの木製品を、普通ごみとして手軽に処分する方法を紹介します。

木製品は切断して小さくすれば普通ごみになる!

木製品のベッドや本棚などの大きな家具は、通常粗大ごみとして捨てる必要があります。自治体に申し込みをして回収してもらう、もしくは自分で処理施設に持ち運ぶ必要があるので処分が大変です。しかし、大きな家具であっても切断して小さくすれば、普通ごみとして捨てることができます。小さくすれば、ただの木材や木くずになるからです。住んでる地域によって捨て方は変わりますが、木材や木くずは指定の袋に入れて燃やせるごみとして処理可能です。

家具も工夫次第で普通ごみとして捨てられる!

通常は粗大ごみになるようなものでも、小さく切断するなどちょっとした工夫で普通ごみとして捨てられるものもあります。しかし、家具を小さく切断するためにはノコギリなどの工具が必要になりますし、作業に慣れていないと怪我をしてしまうこともあるので注意してください。自分で処理するのが難しい場合は、無理せずに業者に回収してもらうなど他の方法を考えましょう。